弁護士法人 兒玉総合法律事務所

0120-709-008電話受付 平日9:00~18:00
(土曜応相談)

メールでのお問い合わせはこちら

任意整理のポイント

誰にも知られずに借金を整理できる「任意整理」

「誰にも知られずに借金の整理をしたい」と考える方にとって最も適しているのが「任意整理」による債務整理です。任意整理は「自己破産」や「個人再生」と異なり、裁判所を利用しないため、国の記録に残らない唯一の債務整理です。

「任意整理」による債務整理は、本人と弁護士、債権者だけが知ることになります。弁護士には守秘義務がありますので、ご依頼があること自体を含めてご依頼の内容が、外部に漏れることはありません。

ただし「個人再生」や「自己破産」と同じように、いわゆるCICなどの金融機関の所持している信用情報システム(昔はブラックリストと呼ばれていた) には載りますので、新規の借り入れなどはしばらくできなくなります。

任意整理とは

「任意整理」とは、弁護士が代理人となって債権者と交渉を行い、負債の弁済条件を変更する方法です。示談後は、経過利息を0円となるなどで、自分の返済可能額を基に各債権者への借金を返済していくことが可能です。

弁護士が法律に基づき、借金の現状を把握した上で債権者と交渉を行います。依頼者の方にそれほど、お手間がかからないのも特徴です。

任意整理のメリットとデメリット

任意整理について、メリットとデメリットを整理しましょう。

任意整理のメリット

任意整理の最大のメリットは裁判所の手続きを通さないため、「公的な記録を残すことなく借金が減額できる」点でしょう。裁判所からの呼び出しなどもないので、ほかの方法に比べて時間拘束が少ないのも特徴です。自己破産や個人再生のように「官報」に載ることもありません。

交渉によって、経過利息を一定期間カットしたり、毎月の支払金額を引き下げられる場合が多く、利息の支払がほとんどで、借金の元金がほとんど減らないという心配もなく、一定の条件の下に、過払い金を取り戻せる可能性もあります。

任意整理に限りませんが、弁護士に債務整理のご依頼をいただいた時点で「貸金業者等からの督促や取り立てから解放」されます。重なる督促の電話が大きな負担になっている方にとってはメリットと言えるでしょう。

任意整理のデメリット

任意整理のデメリットとしては、依頼者の方の収入状況によっては「任意整理」を利用することができないことが挙げられます。

任意整理は返済条件を変更し、基本的には示談成立後は,利息を付さないとなりますが、借金がすべてなくなるわけではありません。減額された借金をきちんと返す方法のため、その返済も不可能な場合は「任意整理」を利用することができません。

金融機関の所持している情報システム (いわゆるブラックリスト) には載りますので、数年間は新たな借金やクレジットカードを作ることができません。ただし金融機関のキャッシュカードの新規作成や、振込み、引き落としなどは通常通り行うことができます。

任意整理の手続きについて

任意整理の手続きについて、簡単に流れを理解しておきましょう。

1.受任通知書を発送

当事務所ではご依頼日から日をあけず、弁護士が受任したことを通知する書面を債権者へ送ります。通知が届いた時点で債権者からの督促や請求が止まります。

「受任通知書」とは、依頼者の借金問題の解決をすべて弁護士が行うことを債権者に通知するための文書です。

2.債権の調査と債務額の確定

弁護士が債権者からこれまでの取引経過を取り寄せます。

そこから法定利率に基づき「引き直し計算」を行います。多くの消費者金融は利息制限法という法律違反の利息をとっているからです。この時点で法律上の正確な債務額が確定します。過払い金が発生している場合に、返還請求を行います。

3.弁済案の作成

債務額が確定したら、弁護士と依頼者様とのご相談の上、方針を最終決定します。自己破産や個人再生に移行する場合は、申立ての準備を開始します。

4.債権者との交渉

残債務がある場合、弁護士が債権者との和解交渉を行います。債権者と示談がまとまれば、和解書を交わします。

5.返済開始

弁済案にそって借金の返済をスタートします。

守秘義務遵守に細心の注意を払っております

「借金していることを誰にも話せない」というご依頼者様はとても多くいらっしゃいます。

当事務所では厳格に守秘義務を遵守しております。万が一ご家族からのお問い合わせがあっても当事務所からご依頼内容をお話することはありませんので、安心してご相談ください。

今後返済していける状況であるか、どういったご希望かなど丹念に聞き取ったうえでご事情に応じて、最適な債務整理の方法を提案いたします。

page top